最近のトラックバック

« 第四十九章「スノとスゼ」【1】 | トップページ | 第四十九章「スノとスゼ」【3】 »

第四十九章「スノとスゼ」【2】

「どうかしら?

ひょっとして、全てを受け入れる覚悟があったのかもしれないわ。

ねえ、確かめたくならない、お父様の本心を?

ここであれこれ想像を語り合った所で、何も始まらないんだし。」


ラスゼンは、はあ、と息を吐きました。

「ああ、そうだな。

お前と話して、今、聞いてみたいと思ったよ。」


するとコフィナはラスゼンの右手を自分の両手でしっかりと握りしめました。

「だったら、今から言う事をよく聞いて。

お父様が、もし嘘をついて大悪党を騙ろうとしているなら、
とても悲しい事だわ。

ユスデノ様はその事に気がついていないのよ。

得する人なんて誰もいない、心が傷付くだけだわ。」

「お前の言う通りだ。

でも、今さらどうにもならない。

俺に出来るのは、処刑をこの街で…」

「そうね、それは是が非でも叶えてもらわなくちゃ。

お父様の本心を確かめる、最後の機会になるかもしれないんだから。」

「正直に話してくれるだろうか、心配だ。

どうやって聞き出せばいいんだ?」

コフィナは静かに微笑んでみせました。

「方法があるのよ。」

「方法?

何をする気だ?」

「そう、方法は一つだけよ。」




落ち着きと少しの元気を取り戻したラスゼンは、チゴネスの屋敷へ向かいまし
た。

もちろん、スロンゼルの一件を頼むためです。

チゴネスの書斎で、二人きりです。

ラスゼンから話を聞いたチゴネスは、もう一度言うように命じました。

ただ、ラスゼンは同じように願い出るだけです。

「本当に、そのような真似をするつもりか?」


信じられないといった様子で、チゴネスは尋ねました。

「はい、お許しを頂ければ。

この街で処刑を行うのは、チゴネス様も気が咎めましょうが、
ぜひにお願いしたい所存であります。」

「どうしても、そうしなければならんのだな。

しかし、その意図は?」

「ユスデノに、自分のした事を最後まで見届けさせたいのです。」

チゴネスは、眉間にしわを寄せました。

「ふむ。

お前たちの溝は、とてつもなく深いものになってしまったようだな。」

チゴネスは長椅子に体を投げ出しました。

目の前のテーブルに両足を乗せ、手を組んであれこれと呟いています。

「いいや、違うか。

お前は兄を思いやるからこそ、そこまでしようというのだろうな。」

「本心を話すのはチゴネス様だけです。

どうか、お聞き入れ願いたい。」


ふと、ラスゼンは笑みを漏らしました。

「チゴネス様と俺の初対面は、大変失礼なものでしたな。」


チゴネスも、思い出したように笑います。

「ふふ、あの時は、なんとも厄介な男が来たものだと呆れたよ。

挙句の果てに説教までされてしまったな、あれは時々夢に出てくる。」


ラスゼンは恐縮するように頭を下げました。

「だが、そんな俺をチゴネス様はこの街に受け入れてくれた。

だからこそ、俺はチゴネス様になら全てを話せる。

ユスデノの他に、ここまで信頼できるのはチゴネス様だけだ。」


普段なら、世辞など受け付けぬチゴネスでしたが、今日だけは素直に嬉しく思
いました。

「まあ、難しい話ではないだろう。

ユスデノがいるこの街で行うというのであれば、裁判所も
二つ返事で許可を出すだろうからな。」

「その際、そしてその後も、チゴネス様には多大な迷惑を
おかけします。」

「案ずるな、ラスゼンよ。

しかと引き受けた、お前の最後の願い。」




一夜が明けました。スロンゼルの処刑は明日の朝です。

リグ・テーテの貴族ヴェクレス家当主チゴネスは、馬車を走らせ、リグ・ウ
トートへ向かいました。

目的はもちろん、ラスゼンの頼みを叶えるためです。

そのためなら、自尊心を捨てて何度でも頭を下げるつもりでいます。

その頃チゴネスの息子サッテリは、街にあるいくつかの広場を見て回っていま
した。

嫌な役回りだとため息をつきながら。

スロンゼル斬首の為の処刑台を設置する場所を探しているのです。

まだ正式決定した訳ではありませんが、決まってから探すよりも、先手を打っ
ておこうという訳です。

これまでにも、父チゴネスからはあれこれ雑用を言いつけられた事があります。

しかし、今回のような仕事は初めてでした。

スロンゼルと面識はありませんが、気分の良いはずがありません。

処刑場所を求めるにあたり、国が定めている、いくつかの条件を満たさなけれ
ばなりません。

まずは見通しが良い事。

盗賊を処刑する場合、仲間が助けに来ないとも限らないのです。

建物や木々の影に隠れ、こっそりと近付かれては厄介です。

特にスロンゼルにおいては、仲間がいると公言しているのです。

かなりの人数が集まるかもしれない、政府の警戒意識は非常に高くなっていま
す。

それならば、テーテよりウトートで行えば良いのではないか、サッテリならず
とも誰もがそう考えます。

« 第四十九章「スノとスゼ」【1】 | トップページ | 第四十九章「スノとスゼ」【3】 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144927/61836108

この記事へのトラックバック一覧です: 第四十九章「スノとスゼ」【2】:

« 第四十九章「スノとスゼ」【1】 | トップページ | 第四十九章「スノとスゼ」【3】 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ