最近のトラックバック

« 第四十八章「底なしの呪縛」【13】 | トップページ | 第四十八章「底なしの呪縛」【15】 »

第四十八章「底なしの呪縛」【14】

「まあ、しかし、なあに、たったの十年ですよ。

無実の私に課せられるのは、どうせその程度でしょ?」
      
「たった十年とは言うが、被告人の年齢から考えると、
随分年寄りに近付くと思われるが?」

スロンゼルは高笑いです。

「構いませんよ。

それから一つ言っておきますが、これは
結末なんかじゃないんですよ。

ましてや、私は夢見る愚か者でもありません。

町の掲示板に張り紙をして、
“スロンゼルの部下になり、リグ・バーグを牛耳ろう!”などと、
今から盗賊を募集しようとしてる、そう思われておいでですか?」

「ぬう…?!」

「これまで大人しいふりはしていたが、その間に部下を集め
各地に配置してあるんです。

例え私が刑務所に送られたとしても、そいつらが
私の為に働いてくれます。

十年後、晴れて自由の身となった頃には、この国が
再び
盗賊の楽園となっていますよ。

いや、そうか、そこまで待たなくとも、部下に
刑務所を襲撃させればいいのですね。」


後になり、スロンゼルは自分がどうしてここまでの大芝居を打てたのか、何度
思い返しても信じられませんでした。

ただ、その時は息子の求めるままに従おうと、それだけを考えていたようです。

その証拠にユスデノはずっと黙っていた、これは彼の思い通りになったからだ
とスロンゼルは考えていました。

彼のこの発言の後、裁判長カシリューは副裁判官たちと共に、長い協議に入り
ました。

その間、被告人席のスロンゼルと証人台のユスデノが目を合わせる事はありま
せんでした。

レグリドムがそわそわし始めました。

待たせるにも程があると感じていたのです。

彼も場合によっては協議が長くなる時がありますが、ここまでではありませ
ん。

傍聴席の人々もざわつき始めました。

別室に入ったレグリドムたちが何を話し合っているのか、あれこれと憶測が飛
び交いました。

サッテリは、ユスデノとスロンゼルを交互に見比べています。

このような親子の姿を、彼は見た事がありません。

レグリドムは膝の上に拳を置き、しかめっ面をしています。

こういった流れになる場合、言えるのは一つだけです。

通常下される判決内容ではない、という事です。

少なくとも十年などではない、彼はそう確信していました。




元々カシリューは盗賊に厳しい裁判官なので、分かってはいるのですが。

そしてついに、カシリューが裁判室に戻ってきたのです。

彼は傍聴席の人々を黙らせました。

それから、えへん、と一度咳払いをしました。

「協議を随分と長引かせてしまった事、お詫びしよう。」


神妙な声で謝罪しました。

「被告人スロンゼルよ、これよりお前に判決を言い渡す。

しっかりと聞きなさい。」


スロンゼルは深々と頭を下げました。

元に戻った、そう感じる人は少なくありませんでした。

「この判決を下すにあたり、我々が思い悩んだのは、
そういった判例が皆無であるという事であった。

すなわち、未だ罪に値する行為を犯していない者に対して、
罰を与えて良いものかどうか。

もちろん、被告人の発言だけを理由にしたのではない。

本来彼の言葉は、単なる世迷い言として片付けてしまう
ところだろう。

被告人の存在が大いなる不安となったのは、やはり
ユスデノ隊長の調書があったからである。

ご存知の通り、彼の率いる特殊遊撃隊は、
あの“猛き烈火”に勝利したのだ。

盗賊団をこの国から排除しようと命を懸ける姿勢には感服する。

彼の意見なら、と私を含め他の裁判官も同意したのだ。」


穿った見方をすれば、いい訳とも思えるカシリューの口上でした。

それは彼が今日一番といえるほどの汗を、額から噴出させていた
様子からも推察できます。

ラスゼンは両膝を地面につき、目と口を大きく開けています。

サッテリも立ち尽くすばかりです。

「どうしてだ、よりによって、どうしてそんな判決を…!」


ヤッヴとレシモスも同じ気持ちでした。

「スロンゼルさん、どうしてそんな嘘をついたんだ?

国を牛耳るだなんて、スロンゼルさんに出来っこないのに!」

「俺たち、マスグさんやマレアになんて言えばいいんだよ?!

任せろなんて大見得切ったのに…」


後日面会ぐらいはできるだろうというサッテリの言葉も、
慰めにはなりませんでした。

自分とて、ウィレオにどう説明するか、悩みは尽きません。

黙り込んでいたラスゼンが声を絞り出しました。

「刑の執行は、いつ?」


その問いに答えるだけでも辛そうなサッテリです。

「これも早急です。

刑の執行は明後日。

場所は未定だが…その、…斬首のようです…」




この知らせをヤッヴから伝え聞かされたロリョートとセッツァも、初めは信じ
ようとしませんでした。

レシモスは扉の傍で固まっています。

ロリョートは笑い飛ばし、セッツァは“下らない冗談はやめろ”と一喝しまし
た。

でも、笑い話でも嘘でもありません。

ついにはレシモスも赤い顔で本当だと真剣に語ると、ロリョートたちも
“なぜ?”と絶句しました。

さらに、刑の執行が明後日だと聞かされると、いよいよここで大人しくしてい
る訳にはいかなくなったようです。

立ち上がったセッツァは次のようにい言いました。

「ヤッヴ、剣を買って、ここへ持ってこい。

目立たないようにするんだぞ。」

「セッツァさん、剣なんて、どうする気だよ?」

« 第四十八章「底なしの呪縛」【13】 | トップページ | 第四十八章「底なしの呪縛」【15】 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144927/61601698

この記事へのトラックバック一覧です: 第四十八章「底なしの呪縛」【14】:

« 第四十八章「底なしの呪縛」【13】 | トップページ | 第四十八章「底なしの呪縛」【15】 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ