最近のトラックバック

« 第四十八章「底なしの呪縛」【10】 | トップページ | 第四十八章「底なしの呪縛」【12】 »

第四十八章「底なしの呪縛」【11】

「チーレイなら、殺されても良かったと?」

「いいえ、決してそういう訳では…」

「被告は、たとえ相手が盗賊でも殺してはいけない、
そのようなことを申しておるな?」

「ええ、もちろん、その通りです。

ただ、その罪は人としてやってはいけないという事で、
法律で罰せられる事ではないと…」

「ふむ、よかろう。

実際にチーレイ殺害を罪に問う事など出来ん。

横道にそれてしまったな。」


カシリューは意地悪そうに笑いました。




「チーレイだけだと、本当にそうか?!」


続いてスロンゼルに投げかけたユスデノの声は憎しみに揺れていました。

カシリューでさえも驚いたように、彼へと目を向けました。

「貴様によって三人の者が人生を狂わされた。

一人は死に、二人は死んだも同然だ。

それでも殺していないと言えるか?!」

ユスデノが言わんとしている事は、スロンゼルにもすぐに伝わってきました。

でも、それをどうしてユスデノが責め立てているのか、それは分かりません。

「妻と子供の事を言っているのだな?

だが、ここはそれを悔いる場所ではないのではないか?」

「場所が変われば都合よく忘れるのか。

いい加減で情けない奴だ。」


その事までここで糾弾するのかと、レグリドムは腕を組んでユスデノを睨みつ
けました。

たとえこの裁判自体が彼の復讐の場だとしても、それを法廷で口にするのは許
されない、そう憤りを感じたのです。

「待ってくれ。

私の息子二人が死んだも同然だって?

どうしてそんな事が分かるんだ?

あんたは何か知っているのか?

だったら教えてくれ、スノとスゼは…」


ここでスロンゼルの口が止まりました。

口を開けたまま、ユスデノをじっと見つめています。

サッテリが身を乗り出しました。スロンゼルの口から、ぼそぼそと聞き取れぬ
声が漏れたからです。

ユスデノは、すっと視線を外しました。

その時です、傍聴人席と廊下を結ぶ扉が勢いよく開け放たれ、ラスゼンが入っ
てきました。

ユスデノが裁判所に入ったと聞かされ、後先考えずに飛び込んできたのです。

彼は証人台に立つユスデノを見つけました。

「ユスデノ、何をやってる?!

そこまでして追い詰めたいのか?!」


ラスゼンの大声が響きました。

室内にいる警備兵が彼の前へ集まり、廊下から追っかけてきた兵士も彼の背後
へ駆けつけました。

するとユスデノは彼にこう言いました。




「ラスゼン、お前こそ何しに来た?

お前がここへ入る資格は無い。

さっさと出て行け。」


七、八名の兵士がラスゼンを外へ連れ出そうとしますが、彼は必死に踏ん張り
ます。

「許されるのか、こんな事が!

俺たちはこんな事の為に生まれ変わろうとしたのか!

ユスデノ!!」


兵士たちに引っ張られ押し込まれ、ラスゼンは徐々に廊下へ体が出てしまいそ
うになります。

「ええい、放せ!

話をさせろ、ユスデノ!」


しがみつく兵士を振り払おうともがく中、ラスゼンはこちらを見つめるスロン
ゼルの姿に気がつきました。

途端、ラスゼンの体から力が抜けてしまいます。

スロンゼルの顔がくしゃくしゃに歪んでいたからです。

彼は一気に廊下へ連れ出されてしまいました。

気付かれてしまった、ラスゼンはそう思いました。

裁判室の扉は閉められ、再び静寂が戻りました。

その静けさを破ったのはスロンゼルです。

彼は泣き始めました。人目もはばからず、嗚咽を漏らしたのです。

しばらく待っても泣きやむどころか、次第に彼の声は大きくなり、皆を戸惑わ
せる羽目となりました。

その様子を尻目にサッテリは傍聴席を抜け出し、廊下へ出てきました。

ラスゼンは廊下の床に座り込んでいます。

取り囲む兵士もうんざりした様子です。

スロンゼルの鳴き声はここまで響いており、ラスゼンはうなだれたまま聞いて
いました。

「私はリグ・テーテのチゴネス・ヴェクレスの二男サッテリです。

彼は特殊遊撃隊の副隊長ラスゼンで、私の友人です。

決して怪しい者ではありません。

此度の彼の行動は法廷を侮辱するあるまじき行為ですが、法を
守ろうとした事が裏目に出てしまったのです。

悪意はありません、許してやってください。」


サッテリはラスゼンを取り巻く兵士たちに頭を下げ、事なきを得ました。

「無茶をしたね?」

彼はラスゼンの肩を叩き、立たせました。

「分かっちまったみたいなんだ、全部。」

「そうだね。」

「こんな事なら、もっと早く俺の口から知らせてやるべきだった。

俺は無力なだけじゃなく、やるべき事さえ見失ってた。」

「あまり自分を責めないように。

あなたが懸命にお父上を救おうとする姿は、
ちゃんと見ていましたから。

とにかく、外で待ってて下さい。

裁判の内容については、後で私が話してあげますから。」

« 第四十八章「底なしの呪縛」【10】 | トップページ | 第四十八章「底なしの呪縛」【12】 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144927/61487443

この記事へのトラックバック一覧です: 第四十八章「底なしの呪縛」【11】:

« 第四十八章「底なしの呪縛」【10】 | トップページ | 第四十八章「底なしの呪縛」【12】 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ