最近のトラックバック

« 第一章「初恋とカリスの実」【14】 | トップページ | 第一章「初恋とカリスの実」【16】 »

第一章「初恋とカリスの実」【15】

別れの朝は静かにやってきました。その日の白森の村はとてもよく晴れていました。この村の収穫期はほとんど終わりを迎えていました。畑の木々には果実の姿はすでにありませんでしたが、その香りは村中を包んでいました。サグ家ではつつましやかな朝食がとられていました。この食事が終わったらマレアはディスマン氏の館へ行き、それからいよいよバドへ向けて旅立つのです。食卓ではみな一言も語らず黙々と食べ物を口へ運んでいます。おしゃべりなシノンも黙っていましたが、突然意を決したように話し出しました。
「お姉ちゃん、私も行っちゃだめ?」
妹の急な申し出にマレアも驚きました。
「私、お姉ちゃんといっしょにいたいの。ひょっとしてお願いしたら許してくれるかもしれないわ。そしたらお姉ちゃんも寂しくないでしょ?」
「だめよ、シノン。私は1人で…」
そこまで言ってマレアは言葉を詰まらせました。今までこらえてきたものが急にあふれ出したようでした。今度はシノンが驚きました。ミロアがシノンの肩に手を置き、こう言いました。
「シノン、マレアを困らせてはだめよ。」
本当は自分も愛しい娘についていきたいのですが、それもかないません。母の歯がゆい思いを察してか、シノンは泣いている姉を見つめるばかりです。そこへ玄関をノックする音がしました。デムが立ち上がり、扉を開けました。そこにはヤスブが立っていました。後ろには昨日もここに来た2人、マスグとトーレンがいます。ヤスブは家の中の雰囲気を見て、来るのが少し早かったと後悔しました。
「おはようございます、サグさん。すいません…まだお食事中でしたか。マレアの支度ができたら呼んでください。外で待っています。」「いえ!もう終わりました。大丈夫です。」
マレアは目元をぬぐうようにして立ち上がりました。そして小さな鞄を持ち、ヤスブの元へと行きました。
「いいのかい…?」
「はい。」
マレアはヤスブの後について外に出て行きました。シノンもそれに続き、ミロアとデムもゆっくりと歩いていきました。表にはすでに村人たちが集まっていました。その中にはキオやルイル、パティンの姿もありました。ヤスブが先頭を歩き、すぐ後ろにマレアが続き、少し間を空けてマスグとトーレンがやや緊張した面持ちで後ろを守るように歩いています。彼らにしてみれば思ったよりも村人の数が多かったのが誤算でした。村人たちも彼らの後についてゾロゾロと歩いています。ヤスブたちは村人に監視されながらディスマン氏の館へと急ぎました。館の門の前には、すでに他の兵隊たちが準備を済ませヤスブたちの到着を待っていました。ヤスブはそのままマレアを馬車へと連れて行きました。馬車の戸が開くと、そこには1人の女性が座っていました。その女性は金髪で目が青く、年の頃ならマレアよりも十は上といった感じでした。

« 第一章「初恋とカリスの実」【14】 | トップページ | 第一章「初恋とカリスの実」【16】 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一章「初恋とカリスの実」【15】:

« 第一章「初恋とカリスの実」【14】 | トップページ | 第一章「初恋とカリスの実」【16】 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ